« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

松波ラーメン@松陰神社前 その参 

OPEN後、3回目の訪問。

相変わらず14時頃のランチになってしまったのですが、店内はお客様が1人もおらず店員さんもおらず(笑)、「あれ…、もう終わっちゃった?」と思っていたらアルバイトのお姉さんが出てきました。「支那ソバ」、「ツケ麺」と食べてきましたので、本日は「坦々麺」に挑戦です。

今までに食べた「支那ソバ」などの印象から、辛みの強くない「あっさり」坦々麺を想像していたのですが、待つこと数分。「坦々麺」登場♪

090430_2

思っていたよりスープは赤く、期待(汗かくくらの辛さが大好きlovely)が高まります。でも、坦々麺は辛さと併せて「胡麻」の風味が大切ですしね。バランスって難しいですよね。

スープを一口。 → 見た目より辛さは強くないですね。

二口。 → 「胡麻」はちょっと薄め。

麺をすする。 → あ、麺と絡むと「胡麻」。 ちなみに、麺は「支那ソバ」「ツケ麺」同様のコシのある細めのストーレート。坦々麺との相性は、もちろんバッチリ。

そして食べ進み、改めてスープを飲んでみると、胡麻と八角がバランスよく感じられました。

以前、お店の方にお伺いしたところ「自家製のラー油に八角を混ぜてある」と仰っていたので、「支那ソバ」や「ツケ麺」以上に八角が主張しているのかもしれませんね。

個人的には、もう少し辛くてもいいなぁとも思いますが、バランスは良く美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製中華そば 勢得@世田谷区桜丘

ネットでラーメン検索をしていたら、一年半ほど前に「町屋の伝説のつけ麺屋」が自宅の近所(自転車行動範囲内)にOPENしていたことを知り、遅ればせながら行ってまいりました。

いろいろなサイトでレビューを確認すると「15分待ち・30分待ち・60分待ち」という文字が多数、久々の行列を覚悟していたのですが。

開店11時に合わせ10時45分頃自宅を出発。「近道しよう」なんて思っていたら世田谷の行き止まり路地にハマってしまい、東京農大の広い敷地にも阻まれ、彷徨うこと10分以上。店を発見したのは11時15分…despair

090426 しかし幸運にも店の前には5名のお客様だけで、ホッと一安心。食券機のメニューや、窓に貼られた「麺の量」の説明などを見ながら10分ほど待って、店内へ。

私は、つけ汁に「エビ油」が入っているという噂の「つけめん 800円」に「味玉 100円」の食券を購入。

私がいつも食べている麺の量は、だいたい200g弱。「つけめん」の麺は330g。通常なら「少なめで」とお願いするところですが、「伝説のつけ麺」らしいですし「たっぷり味わおうかな…」ということで、量はそのままに。

席に着いてからも「極太麺」の茹で時間が長いこともあって10分以上待ちましたが、カウンター内のご主人の無駄のない動きに魅せられ、待ち時間を楽しみ期待を膨らませているところに、

090426_2 まずは主人の注文した「ラーメン 750円(麺は250g)」が登場。追加トッピングはしていないのですが、ボリューム満天です。

スープは魚介(カツオ)の良い香り。噂通りレンゲが無いので、器を持ち上げてスープをすすります。

飲んでみると意外に、

魚介<濃厚な動物 でも脂っこくはなく、とっても美味しいです。

バラバラになっているチャーシューが良い味を出しています。。

 

そして私の「つけめん」が登場!まずは「つけ汁」を一口。

090426_4「海老っ!!」

基本は「ラーメン」同様、魚介4:動物6 くらいのスープ。そこに濃いエビ油が掛けられているのだと思われます。

エビ好きには堪りませんheart04

そして麺。「うどん?」という程の太さ。食してみると、ものすごい「コシ」と「旨味」。

「ラーメン」と麺は同じですが、水でしめている分「つけめん」の方がコシと旨味をより感じることができますね。

スープのとろみが良く麺に絡みますし、つけ汁の底に隠れていたバラバラのチャーシューが、麺と一緒に食べると絶品。麺を食べ終えるころにはスープは半分くらいになっていました。

330gですから(少し主人に食べてもらったものの)さすがにかなり満腹でしたが、この「つけ汁」は最後まで味わいたいと思い、スープ割をお願いすることに。。

魚介出汁とネギが加わった温かいスープ、エビ油もまだ「ほんのり」感じられ…。。結局、完飲。だって美味しかったんですものcatface

数日、恐くて体重計には乗れません…。でも一ヶ月以内に確実に再来店の予感。

ラーメンデータベースの紹介ページです。http://ramendb.supleks.jp/shop/13035

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我龍@埼玉県坂戸@本当は自宅で

昨日、一昨日と、期待して食べに行った「つけ麺」が苦手な酸味系で落ち込んでいたため、「3日連続ラーメンはどうなのよ…。また体重がダイエット前に戻っちまうぞ!」と自分に突っ込みを入れつつ、自宅で作ってしまいました。

090424_2埼玉県坂戸市の有名店「麺屋 我龍」。先日、近所のスーパーで安売りしていたのを買ってあったので…。

最近は「なんつっ亭」や「六厘舎」も売っているので、大抵一週間に一回は自宅でもラーメンを作って食べてますが。私は、パッケージの表示より「スープちょい薄め」、「麺ちょい固め」で作ります。

トッピングは冷蔵庫の残り物、数日前に作った「塩豚」と「ほうれん草」、「長ネギ」、瓶詰めの「メンマ」。ネギは(白髪ネギとは言えないけど)縦に細切りにしてラー油少々と混ぜて。

最後に「すりゴマ」をかけて完成~happy01090424_3

お店の味には敵いませんけどね。2食で299円でしたから、この1食はトッピングを入れて200円弱かなcoldsweats01

これはこれで満足catface ちょっと坂戸まで出掛けて行くのは難しいしね。

ちなみにお店のHP http://www.menya-garyu.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 八蔵@松陰神社前

前日の松波ラーメン@松陰神社前 その弐のリベンジ(?)か、連日でつけ麺を食しに、こちらも職場近くの「麺屋 八蔵」へ。

先月までは「醤油らぁ麺 680円」を食べておりましたが、この数日4月にしては暖かいですしね、「つけ麺小 650円」をチョイス。

ちなみに、この店のつけ麺は「レンコン」を練りこんだ細めの麺が売りなんですが、注文時に「レンコン麺」と「醤油らぁ麺」に使われているのと同様の「太麺」を選べるので「太麺」でお願いしました。

待つこと数分。あれ…???? 勝手な想像・思い込みってこわいですね。悲しいですね。

魚介系・太麺の店なので「つけ麺」も魚介系だと思い込んでたんですね、私…。090423

「つけ汁」は、苦手な酸味系でしたthink

考えてみれば、大勝軒に象徴されるように「つけ麺」の「つけ汁」は酸味系が一般的なわけで。

最近の「魚介系・酸味なし」の「つけ汁」の方が稀れなのかもしれません。

と自分に言い聞かせつつ、落胆を隠せないまま麺を見ると、これは落胆した心による錯覚なのでしょう。

麺まで、いつもの「醤油らぁ麺」の麺より細く見えてきたりして…。「私、太麺ってちゃんと言ったよなぁ」なんて思ったり。

でも麺を食べてみると「あぁ、やっぱり麺、美味しいな。これはいつもの麺だconfident

麺を完食してからスープ割をお願いして「つけ汁」の器に直接カウンター内のポットからスープを入れていただくと、

前日の松波ラーメン@松陰神社前 その弐同様、酸味が消え、いつもの好みの魚介スープとなり完飲いたしました。

「つけ麺小 650円」は「160g」と少なめなので、スープも全部飲める私には適量でした。男性だと物足りないかと思いますので100円増しの「つけ麺中」の方がお勧めかもしれませんね。

Photo私はやっぱり、次回は涼しめな日を選んで「醤油らぁ麺」を食べようcoldsweats01

ちなみに、これがいつも食べてた「醤油らぁ麺」。

お店のHPは無さそうなのでlivedoorグルメですが…。

http://gourmet.livedoor.com/restaurant/11087/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松波ラーメン@松陰神社前 その弐

先日OPENした松陰神社前の「松波ラーメン」。前回食べたのは基本の支那ソバ。松波ラーメン@松陰神社前

今度は「ツケ麺」を食べに行ってまいりました。今回も訪れたのは14時過ぎだったため、店内は空いておりました。

メニューの「ツケ麺 750円」の文字。「ツケ」って表記、変ってるなぁなんて思いながら、「支那ソバ」同様、丁寧に作ってくれているカウンター内部の様子を眺めつつ。

他のお客様もいない中でこの待ち時間だから「支那ソバより麺が太めなのかな」と期待しつつ、待つこと数分。「ツケ麺」登場。090422_2 

細麺でしたcoldsweats01

太麺好きな私ですが、この店の細麺、コシもあって美味しかったし、これはこれでアリかな、ということで、まずは「つけ汁」を一口。

・・・。。

個人的な好みなんですけど。残念ながら私の苦手な「酸味系」。

あと、ちょっと油多めかな…。

ただ、「支那ソバ」同様、スープ自体がとても丁寧に作られているのでしょう。上品さはあり、麺もうまく絡み、これはこれで美味しくいただきました。

思いのほか麺の量が多かったようで、私の胃にはちょっと苦しめでした。でも初回なので、満腹な中でも「スープ割」をお願いし、「つけ汁」の器に直接スープを入れていただくと、090422_3

「懐かしいgawk

酸味は消え、とても懐かしい「東京の中華そば」のスープになってました。満腹なので完飲はできませんでしたが、美味しかったですhappy01やっぱり基本のスープが丁寧に上品に作られているみたいですね。

ただし好みの問題で、どうにも「酸味系つけ麺」は苦手なので、次回は「支那ソバ」のリピートか「坦々麺」挑戦になりそうです。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

参宮橋駅~代々木八幡駅

19日(日)、麺屋 空海@参宮橋の帰り、お天気も良いし一駅歩いてみよう、そういえば歩いていれば「代々木八幡様」もあるはずだし、なんて歩き始め。

参宮橋から坂を登ったあたりは「高級住宅街」なのかなぁ、広くて素敵なお家とマンションが並び(駐車場に止まっている車は高級車ばかりで…)、興味深かったのは日照権が凄く大切にされていたこと。新しめのマンションも全て3階建てまで。建物の形も工夫されていて、どの一戸建てもマンションもきちんと日が当たるようになっている。

いろいろ経緯があった中で出来上がった街並みなのでしょうね。我が家の世田谷区の住宅街とはまた違った雰囲気で、たまには自宅から離れた地域の散歩も楽しいなと思いました。。

そして「代々木八幡宮」に到着。

Photo 代々木八幡遺跡(古代住居跡)もあったり、9月の例大祭はお神輿もたくさん出て、立派な神社。小説家で脚本家の「平岩弓枝」さんのご実家だったりします。

例大祭に訪れたことはあったのですが、普通の日にお参りするのは初めて。境内を歩いてみると「出世稲荷社」を発見。戦火に焼け、祀られなくなった地域のお稲荷さんを集めて再興したものだそうで、立身出世、商売繁盛を祈るとのこと。大小たくさんの狐さんがいらっしゃいました。

お参りをして、さてまたお散歩。代々木八幡駅はもう近いのかなぁ、なんて思っていると小田急線の線路を発見。

その後、線路沿いに歩いているつもりが道はどうも曲がっていたようで、大きな公園・緑が見えてきたと思ったら地下鉄千代田線の「代々木公園駅」に着いてしまいましたcoldsweats01

北に向かって山手通りから小田急線に近づくと、無事「代々木八幡駅」周辺の商店街が見えてきて、そこには行列している小さなお店が。

あぁ、たまにテレビや雑誌に出てりしているスパゲッティの「HASHIYA」。ここにあったんだぁ…。時計を見ると15時前、もうお昼時とは言えない時間なのに行列。本当に人気店なんですね。メニューを見ると和風系。私の好きな「うにソース」もあり。

ライブドアグルメの情報です。http://gourmet.livedoor.com/restaurant/4068/

Photo_2すると、とても良い珈琲の香りが…。

周辺を探してみると、だいぶ離れた場所に「やなか珈琲店」という看板が。通りを渡って入ってみると、なんと「生豆」がたくさん並んでいます。焙煎してくれる珈琲豆のお店、久々に発見。「でも、豆は先週買い足したばかりだわ…。」この日は豆の購入はせず、店内奥のカウンターで「180円」で飲める珈琲を味わってまいりました。美味しかったです。

お店のHP http://www.yanaka-coffeeten.com/

店内が分かる紹介ページhttp://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?ODEKAKE_ID=2&SPOT_ID=l_00002650

やっぱり歩いてみると、新しい発見があって楽しいcatface もう少し花粉が少なくなると、もっと楽しいんだけどbearing

家の珈琲豆が減ってきたら、「HASHIYA」のスぺゲッティを食べるのと珈琲豆を買うために「代々木八幡駅」に来てみよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 空海@参宮橋

塩ラーメンが食べたくなり、新宿の海神に行こうかとも考えつつ、今日は新宿の人混みには行きたくないなぁと思って、約一年ぶり、小田急線参宮橋駅にある「空海」に行ってまいりました。

お店に到着したのは13時過ぎ。満席でしたが、食券を買っている間にお客様が帰り、待たずに座ることができました。

以前いつも食べていたのは「味玉そば・塩」だったのですが、メニューに「焼き豚のかわりに鶏肉をトッピング」という「鶏そば 830円」を発見。鶏肉好きなので、この日はこちらと、トッピングで「味玉 120円」の食券を購入。

この日は4月なのに気温30度を超える日だったため、主人は「空海特製つけ麺・とんこつ魚介 880円」の食券を購入。店に着くまでの間、私が「塩ラーメンが食べたいけど、つけ麺も食べたい」と呟き続けた故のチョイスという噂もありますが…coldsweats01

この店は、全体的に量が少なめで、お酒を飲んだ後の「ちょっとラーメン」にピッタリなため以前、池袋店によく通っていたのですが。その量なのに上記の値段なので、よくよく考えてみると、コストパフォーマンスはよろしくないよなぁ…と思っているところに、同時に「鳥そば」、「つけ麺」が登場。

090419_5炭火で焼いた鶏と、塩味のスープが良い香り。

そしてスープを一口。「相変わらず油は多めだな。でも食べ進めるとスープが麺に絡んで美味しいんだよね…。」と思い麺をすすると「やっぱり、ここの麺は美味しいねぇhappy01 細麺なんだけど、コシもあって美味しいんだよね。」

トッピングの鶏がとーっても美味しく、驚き&喜び。味玉も、相変わらずしっかり味が入っていてGoodsign01

残念だったのは予想以上に「油」が多めでキツかったところ。前より油と塩のバランスが崩れてるかな、という感じでスープは飲み干せませんでした。

途中で主人の「つけ麺」も拝借。平打ち・幅広のフェットチーネのような麺なのですが、この麺が美味しいんですよ。そういえば、以前は板蕎麦のように、木の板の上に麺とトッピングが並べてある「ちょっとオシャレ」な盛り付けだったのに、今は結構普通になったのね。

090419_2090419_3

麺の美味しさは相変わらず。とんこつ魚介のつけ汁も、さっぱりしつつ、しっかりした味でGoodsign01スープ割は「コーヒー?」と思えるような容器できましたが(笑)、注ぐと魚介が強めに感じられつつ、さっぱりした飲み干しやすいスープになりました。

ちなみに、以前に食したお店一押し「味玉そば・塩 830円」と「つけ麺」の写真。

080321

Photo

鶏は美味しかったけど、次回は「つけ麺」にしよ~と思いながら店を後に。

そしてお天気も良かったので、一駅分歩いてみようー!と参宮橋駅を背に代々木八幡方面へお散歩開始。ラーメンを消化、カロリー消費♪

ちなみに、お店のHPはこちら。http://www.kookai-web.com/top/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松波ラーメン店@松陰神社前

職場の近くに新しいラーメン屋さんができましたOPEN。

以前から行っているBarの近くで、Barのマスター曰く「OPEN直前までスープの試行錯誤を繰り返しいるが、ラーメン屋さん特有の店裏からの強い匂いはなく、さっぱりしている美味しそうな香りでしたよ」とのこと。

かなり期待していて、OPEN翌日、行ってまいりました。

昼の営業は11:30-14:30との情報を得つつ、仕事のキリが悪くランチに出掛けられたのは14時前。でも、おかげで店内は空いておりました。職場の上司は前日13時前後、少し並んだそうです。。

お店の売りは「支那ソバ」と「坦々麺」らしいのですが、メニューには「つけ麺」もあり。とりあえず初回なので「支那ソバ」を注文。メニューの裏には「食材」のイラスト。

090415090415_2

090415_4

テーブルには、ニンニクや唐辛子を揚げたチップが置いてあります。

とっても良い香りがしているし、器とスプーンもちょっと可愛くて、気が利いているお店、という印象が強まり…。

そんなところで

「支那ソバ」登場ー♪_090415

スープを一口。 「さっぱり」、「あっさり」。

麺は細めのストレート。「細め好みではないけど、このスープには、この麺だね。」という感じです。

食べ進めている間に「あっさり」感が薄らいでコクを感じ、麺を食べながら、思わず何度もスープを飲んでしまう。

「うん。美味しいねhappy01

メニュー裏にあったイラストから考えるとベースは鶏ガラだと思うのですが、私の頭に浮かんだキーワードは「野菜」。野菜多めでスープを作っていて「さっぱり」しているのかなぁ…なんて思いつつ。

野菜と共に「八角」の風味を感じていて、メニュー裏にも八角のイラストはあったのですが、スープに入っているのか、途中で入れた「揚げチップ」に入っていたのかは不明。

ちなみに「チャーシュー」は、味と香りが「金華ハム」に似ているような気がしたのですが、食後、会社に戻って上司にそのことを話したら首をかしげられたので、私の気のせいかも…coldsweats01

次回は「つけ麺」を食してみようと思っております。坦々麺は次の次に。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瞠@池袋

いろいろラーメン食べてますが、やっぱり私の「No.1ラーメン」だと、再認識しましたlovely

ちなみにここは、高田馬場の「渡なべ」店主である渡辺樹庵氏プロデュースのお店です。

14時過ぎに前の記事「生粋@池袋」を食べた後、「エチカ池袋」等々でのお買い物をして16時半、今度は池袋東口、駅からは少し離れたところにある「瞠」へ到着。東急ハンズの近くです。

まだ夕食には早い時間だし空いてるかなぁと思ってましたが、店内には7~8組のお客様が。並ばずには座れましたが、私たちの後も続々とお客様が入ってきて気がつけば満席でした。

さすが瞠。またテレビか雑誌で紹介されたのかな。あっ、渡辺樹庵氏プロデュースの別の店「ぷかぷか@ぷかぷか」が、数日前にテレビに出たから?

いやいや、ただ瞠のラーメンが美味しいからだよね。うん。

ラーメンと言いつつ、この日は4月とは思えない暖かさ+店まで早足で人混みの中を歩いていたせいもあって「つけ麺」チョイス。もちろん「つけ麺」も私のNo.1です。

何度も訪れて、「らーめん」も「つけ麺」も何度も食べているのに、カウンターに座って待ってる時間にこんなにもワクワクheart04するのは、この店だけかなぁ…。

ちなみに、まだ空腹とは言えない胃の状況のためトッピングを無しにするか散々迷ったのですが、やっぱり結局「味玉つけ麺」にしました。

だって、ここは味玉も凄いんですもの。

そして登場upwardright 090411_6Photo_5

「あぁ、美味しいよ。やっぱり。」

ちなみに、つけ汁は濃厚魚介、麺は太めの平打ち。スープももちろん美味しいんですが、とにかく麺がね。独特の「味」があるんですよ。とっても!!

言葉ではうまく表現できない自分が情けないですが…coldsweats01

味玉も、本当にじっくり味が入っていて、それにメンマも!メンマというより「極太シナチク」と表現した方が合うかな。

この日はメンマを写し忘れてしまったので、前回食べた「味玉らーめん+自家製ワンタン」の写真にてお確かめください。 ↓↓

Photo_4

  「らーめん」は中太ストレート麺。こちらも麺に独特の味わいがあり、スープも抜群の濃厚魚介。ガツンとくるスープですが塩分は多くなく、常にスープは完飲です。

この日の「味玉つけ麺」も、麺を完食後にスープ割をお願いし(店員さんが大きめな急須のような器から注いでくれます。)、

今日は2杯目だし無理かなぁと思いつつも、結局、完飲。

本日も、美味しゅうございましたcatface お店のHPはここも無さそうなので、

ぐるなびですが。http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g288701n.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生粋@池袋

テレビや雑誌でもお馴染みの有名店。

懐石料理、精進料理の料理人だった方が始めたラーメン屋さん。ここ数年で随分店舗も増えたようですが、何度も訪れいている池袋の本店へ。

ちなみに最近OPENした「エチカ池袋」の中にある「C6」番出口から地上に出ると、お店までの道が楽です。

店の前で少し並んでから入ることが多いのですが、今日は14時過ぎだったため、店内は4名のお客様のみで、並ばずに入店。

入り口で「正油そば 650円」の食券を買い、カウンターへ。この日は、少し買い物などで時間を潰したあとに「ラーメン2軒目はしご」をする予定だったので、トッピングなど控えめなシンプルメニューで。

この店はとにかく何が凄いってスープを「焼秋刀魚」で作ってること。故に、店内には焼秋刀魚の香りがしていて、私は大変好ましいのですが、苦手な人は辛いかなぁ。

空いてましたし、麺も細麺なので、数分で「正油そば」登場。090411_4

まずは、

スープを一口。

「あぁ~、

秋刀魚~happy02

相変わらずだね。

やっぱり凄いよ。

焼秋刀魚を飲んでいるような、この主張っぷり。

麺は細めのストレート。元々細めは好みではありませんが、しっかり噛み応えのある麺ですし、このスープにはこの麺がベストマッチだと思います。。

ということで、2~3時間後にはもう一杯ラーメンを食べる予定だというのに、スープまで完飲。

ちなみに私の頼んだ「正油そば」以外に「塩そば」もあり、こちらも焼秋刀魚のスープですが濁らないように抽出し天然塩で味付しているので、秋刀魚の味は薄めです。「秋刀魚~♪」な感じはちょっと敬遠という方は、まずは「塩そば」をお試しくださいませ。

こちらも大変上品且つ、素材の味が生きた絶品です。

お店のHPはこちら→http://www.orbis-obisuke.com/food/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜@2009豪徳寺

4月4日(土)お天気は良いし、桜もちょうど見頃かなということで花見というほどではないけどお出掛け。(で、行きがけ食べようとネットで探して行ってきたラーメンが一つ前の記事らーめん蓮嘉@梅ヶ丘

桜を観にいくのと、食べに行くのと、どっちが主題だったか微妙ですが…coldsweats01

井伊直弼のお墓があることや、(一説では)招き猫発祥の地として知られる世田谷区の「豪徳寺」090404_32  090404_33

 

 

 

 

 

 

入口からの桜並木と三重塔近くのしだれ桜は、ほぼ満開。

とても見ごたえがありました。090404_36090404_37   

090404_38

一番大きく綺麗なピンクのしだれ桜は遅咲きの品種なので、

この時点ではまだ蕾がたくさん。

今週、今週末が見ごろかと思います。

 

お近くの方などは、是非、足を運んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん蓮嘉@梅ヶ丘

お散歩日和だった4月4日(土)。豪徳寺に桜を観にいくのに託けて、歩いていける新しいラーメン屋さんはないかとネットで検索。

「榛名地鶏とカツオ節などの魚介で取った鶏白湯スープ」

「好きかもheart02」ということで、自宅を出発。30分弱のウォーキングを経て軽く汗をかきお腹も減ったところでお店に到着。

「らーめん」と「つけ麺」と「味玉」の食券を1枚ずつ買ってカウンターへ。カウンターのご主人の作業は丁寧さを感じさせ、期待が膨らんでいく中…。

時間が14時過ぎだったこともありお客様は2名のみ、おかげで少し待ったらすぐに、まずは「らーめん味玉入り」が登場。

090404_19太麺好きな私ですが「つけ麺」はちょっとグラム数が多めだったので、こちらを選択。

スープは鶏白湯というより「さっぱりめの魚介」。上品さは好感をもてるけど、少し物足りなさもあるかな。麺は中細のストレートで味にはあまり特徴がないけどコシはあり。

全体としては、ちょっと物足りなさもありつつ、でも、うん美味しいねcatface

味玉は「塩系」のため色は白いですが、予想以上にちゃんと味が入っており、且つちょうど良い半熟加減で美味しゅうございましたupwardright

味玉は半分に切ってあるタイプだったので、片方は主人の「つけ麺」にお裾分け。

 

090404_20 そして少し遅れて「つけ麺」登場。

スープは「らーめん」と同じ印象。つけ麺用に少し濃くなっていますが、私の苦手な「酸味系つけ汁」ではなかったので、そこはGoodgood

麺も「らーめん」同様、味にはあまり特徴がないが、コシはあり。ただし、麺の太さとスープの相性は良いようで、ちゃんと絡んでます。

主人が麺を完食したところでスープ割をお願いしました。

器を用意し、火を掛けなおし「へぇ~、スープ割りにも丁寧だなぁ」と感心して期待しつつ待つこと数分…。

090404_21素敵な器で出てきたスープは白濁。

「なるほど鶏白湯で割るのね」ということでつけ汁に投入。

   ↓ ↓ ↓ ↓

   ↓ ↓ ↓ ↓

 

        「美味っsign03」 鶏白湯 > 魚介 に変化。

090404_22これは美味しいじゃないか。

好きheart01

次回は迷わず「つけ麺」を注文。

たくさんお腹を減らして、帰りは遠回りして一生懸命ウォーキングするのも必須ですが…coldsweats01

お店のHPは見当たらなかったので、グルメウォーカーの紹介ページです。↓

http://www.walkerplus.com/tokyo/gourmet/DETAIL/V-TOKYO-4RTAZ988/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海神@新宿東南口

やっぱ美味しいっ!

新宿東南口にある「海神」。魚のアラで出汁をとっている塩ラーメンです。

前回訪れたのが2ヶ月以上前だったので、アラの種類がだいぶ春の魚に変わってましたね。味も、やっぱり冬の魚より少しサッパリしたかな。

常に美味しいですけど、季節によってほんの少し味の違いを楽しんだりでいるのも、この店の醍醐味。

しかしこの日驚いたことは、初めて店が満席で表で並んだこと!

味を考えても、行列とまでは行かないまでも、もっとお客さんが入ってもいいのにと思ってはいましたが、何かのテレビか雑誌で紹介されたかな?満席でした。

並んで待つのは嬉しいことではないけれど、ちゃんとお客さんが入ってないと店が潰れる危険性がありますからね(笑)。良きこと、良きことsun

この店では「へしこ」つきの焼きおにぎりを最後にラーメンに入れて食べるのも楽しみなのですが、この日は数時間後にラーメンをハシゴする予定だったので、おにぎりは我慢。

元々、池袋にお店がオープンしたときはラーメン王石神さんが開店に関わっていて、その当時石神さんが気に入っていた「ラーメンのシメにおにぎりを入れる」がメニューに入ったらしいですけど、池袋店が閉店して石神さんは関係なく新宿店が開店してからもラーメンの味も、このおにぎりも変わってなくて安心しました。

「へしこ」が良い味だすんですよ、麺を食べ終わっておにぎりを入れてから、スープの味が変わって二度楽しめちゃいますhappy02

上は主人が食べた「あら炊き塩」。下は私が食べた「ちょい辛 」。Photo_4

Photo ちょい辛はスープだけ飲むと少し辛くてむせますが、ラーメンとの絡みは普通の塩より好みかな。お店のHPは無いみたいなので、↓グルメウォーカーの紹介ページで。http://www.kaijin.tokyo.walkerplus.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »