« 博多屋@八戸市河原木 | トップページ | 大活躍 谷中生姜 »

つけめんMenじろう@八戸市城下

こちらのお店のカテゴリーが「らぁめん@八戸」でよいものか考えつつ、、

まっ、いっか(笑) ということで、またしても限定メニューのご紹介。。

前回、せっかくの夏メニューなのに画像を誤って消してしまい

充分にお伝えできませんでしたからね… weep  今度こそっ!

 

まずは、、 この日の限定メニュー 小川原湖産しじみつけ麺 700円

201008151203001

差し出されると、、

ん~♪ しじみ汁のいい香りですな~ catface

201008151203000

熱々の汁に、麺を浸して口へ運ぶと、、 ん~~~~、、 しじみっ!

美味いっ happy02  胃にも、肝臓にも優しい一品。

味は、つけ汁としては少々薄めなので、

あらかじめ汁の器に多めに麺を入れ、たっぷり浸して、ずずっと食べる。。

細切り、薄味メンマも、いい仕事してる。

 

こちらは、旦那の 冷やしつけ麺 塩 790円

201008151204000

前回の、冷やしつけ麺 醤油と同じく、、

麺のお皿には、チャーシュー、もやし等々、の薬味。

つけ汁は、オイルにとろろが入った器と、小徳利につゆ。 そして温泉卵。

 

そして、こちらが噂(私の中だけで噂の麺…)の、つけ麺では珍しいストレート細麺

201008151203002

とろろ、梅が利いたサッパリつけ汁に、このストレート麺が合うんだな。。

途中で温泉卵を割り入れて、黄身に絡めて食べるのも、また美味しい。

 

麺を食べ終わる直前は腹八分目かな~なんて思うのですが、

最後に、残った汁にスープ割をお願いして、完飲すると、超満腹 pig

どちらも、大満足のつけ麺でございました。。

 

そして、、 帰りの車の中で驚きの出来事が… wobbly

  私 : 冷やしの塩は、梅の細か~い実が こずんでる から、

     掻き混ぜてから食べると味わいがまた変わって美味しかったね。

  旦那 : ??  こずんでる???  沈んでるってこと??

  ………。  えっ? こずんでいるって全国共通じゃない…?

  もしかして、これって方言?

方言の無い、関東のベッドタウンで育った私の言葉が標準語じゃない場合、

母の実家 静岡の方言であることが多い…。

 

忘れもしない、小学校5年生の学級会。。 司会進行をしていた私が

「意見が出ないので多数決を…」と言うと、教室は大爆笑 sweat01

発音がね、、 違ったんですよ…。

標準語は  ない  私が発した台詞は  

それから当分「なまってる」って、からかわれたもんだ… weep

そして、調べてみましたよ。

やはり、  こずむ  こずんでいる  って言葉は静岡弁だったようで…。

33歳にして、大発見。。 今まで誰にも指摘されなかったのが不思議だけれど、

この言葉は、飲食に関しての「沈殿」に関して使うことが多く、、 考えてみれば、

あまり外では使わないかも~とも思う。。

 

しかし、、 こういった言葉はニュアンスが大事なわけで、、

つけ汁、つけダレの底に、梅や柚子、香辛料などが溜まっていると、

私にとっては、まさにこずんでるであって、決して「沈んでる」ではないのですっ。

 

***********************************

つけめんMenじろう

Add : 青森県八戸市城下3丁目9-3

Tel :  0178-24-0557

|

« 博多屋@八戸市河原木 | トップページ | 大活躍 谷中生姜 »

らぁめん@八戸」カテゴリの記事

コメント

小川原湖産のしじみのつけ麺スッゲ~気になります。
これはこの日だけ?


投稿: mago6 | 2010年8月17日 (火) 16時48分

mago6さん

味の濃さを考えると「つけ汁」本来の役割としては微妙ですが、、

上品、且つしっかりしたお味のしじみ汁という感じで、
たっぷり麺を浸して、しじみラーメンとして食べ進めれば、
とても満足の味でしたよ。

そして、すみません。。 この日だけなのか、
当分の間は食べられるのか、、分からないのです…。。

帰り際、店主さんに聞いてみようか迷ったのですが、
満席でお忙しそうだったので、聞けませんでした…m(__)m

投稿: garako | 2010年8月17日 (火) 17時15分

自分が当たり前に使っている言葉って方言か
そうでないのかわからないんですよね。
基準表みたいのがある訳ではないので
私もいつも苦労しています。
やっかいなのは言葉が同じでイントネーションが
違う時。これは実際に会って話すまでわからない。
以前つけ麺は八戸には良い所がないようなことを書いて
おられたのでこの記事見てちょっとホッとしました。

投稿: ESE 青森からこんにちは | 2010年8月17日 (火) 21時24分

シジミのつけ麺なんだぁ~~
あまりない感じで店主の創作意欲に脱帽ですね。
この店一度行ったきりですが
もう一度再訪しなくてはいけませんです。

話は変わりますが
今年の夏は東北の旅は行かないのですか?
結構話題を期待してたりして(笑)

投稿: OHAMARO | 2010年8月17日 (火) 22時05分

ESEさん

育った地域柄、自分には方言や訛りが無いと思っているだけに、
この歳になって今回のようなことがあると、本当に驚きますね(笑)

我が家では、こちらのお店は、らーめんや、らーめん系列の
つけ麺屋さんとは全く異なるジャンルとして、、

変わり蕎麦、変わりうどん、のお店と位置付けていると思います。

「おいらせ町にお蕎麦食べに行く? 丸亀製麺でうどん食べる?
 それとも、Menじろうにする?」って感じです。。

投稿: garako | 2010年8月18日 (水) 08時14分

OHAMAROさん

本当に、新しいメニューの開発意欲が素晴らしいお店ですよね。
今回のつけ汁も、やっぱり店主さんが日本料理を修行されて
いるだけあるなっていう上品な味で、美味しかったです。

麺も全粒粉の平打ちですから、
普通のラーメンや、ラーメン系のつけ麺を期待してお店を訪れる方は、
ちょっと肩すかしをくらう感じになるかもしれませんね(^_^;)
麺の量、油分の少なさも、我が家にはとても合っています。。

投稿: garako | 2010年8月18日 (水) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185540/36203393

この記事へのトラックバック一覧です: つけめんMenじろう@八戸市城下:

» 優秀な貝 [しじみの栄養を知ろう]
しじみの魅力について [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 18時27分

« 博多屋@八戸市河原木 | トップページ | 大活躍 谷中生姜 »